車ローンまめ知識

金融機関ローンのデメリット

ディーラーローン(自動車販売店のローン)を組む以外の方法としては、銀行や信販会社などの金融機関でローンを組む事が出来ます。しかし、こうした金融機関では金融商品が多岐に渡り、選択肢が多いため、まずどれが自分にとって最適なローンとなるかを比較検討するのが面倒くさいというデメリットがあります。またオートローンや自動車ローンという自動車を購入するための専用ローンを設定している金融機関は以外と少なく、大抵の場合はフリーローンやカードローンを利用する事になります。

こうしたローンは使用目的が限定される自動車ローンなどに比べ金利が高めに設定されているのが通常です。またカードローンの場合、口座を開設してカードの契約を行う手間もかかりますし、カードが手元に届くまで時間がかかってしまうというケースもあります。また申込から融資実行までの全ての事務手続きを自分で行う必要があり、提出した書類に不備があった場合、何度も金融機関の窓口とやり取りをしなければなりません。また審査もディーラーローンに比べると厳しい傾向にあるため、金利面でのアドバンテージを除けば手間や時間はディーラーローンの方が利用しやすいと言えるでしょう。

また銀行系以外の金融機関の場合、キャッシングなどで借入を実行出来るのは総額で年収の1/3以上を超えてはいけないという法律上の縛りがあります。フリーローンといえどもその実体は現金を貸し付けるキャッシングと同じですから、こうした法律上の縛りを受ける銀行以外の金融機関の場合、たとえ貸付上限が500万円だとしても必要とする満額を借り入れるのは実質的に無理だという事になります。