車ローンまめ知識

金融機関はどれが有利?

自動車ローンを組む際、最も有利な金融機関はどれになるでしょうか?ここではローンの総額を視点に据えて考えてみましょう。まず、オートローンや自動車ローンという自動車を購入する為の専用ローンを設定している金融機関の場合、融資金額は自動車購入以外の目的で使用する事が出来ない(見積書が事前に必要となります)代わりに金利が他のフリーローンやカードローンに比べて割安となります。

全ての金融機関がこうした使用目的限定のローンを組んでいる訳ではありませんので、注意が必要ですが、オートローンや自動車ローンの設定がある金融機関の場合は候補に入れてもよいでしょう。次に信販系と銀行系を比較した場合、一般的には銀行系の方が金利面で有利です。更にいえば、JAバンクやろうきんを利用する事でより有利な条件でローンを組む事が出来るケースがあります。

JAバンクは全国の農協が運営する金融機関です。農協に加入している事業主の多くは仕事で自動車が必要となります。したがってJAバンクのオートローンは加入者が低金利で有利な条件で自動車を購入出来る事を目的とした専用ローンであるため他の金融機関よりも有利な条件でローンが組めるのです。またろうきんの場合も口座をもっている労働者へのサービスの一環として住宅や自動車など生活の質を高めるためのローンを低金利で設定する事から始まっているのと元々が非営利を目的とした金融機関なので利用者にとってより有利な条件で各種のローンを組む事が出来る仕組みになっています。

金利は低い程ローンの総額が下がりますので比較する時にはまず、利率をメインに考慮する必要があります。また、JAやろうきん以外でもインターネット専用銀行の場合、店舗型の銀行よりも低金利でローンを組む事が出来ます。したがってローンの総額を出来るだけ圧縮したい場合にはJAバンクやろうきん、インターネット銀行などが最初の選択肢になるのでは無いかと思います。