車ローンまめ知識

ディーラーローンのデメリット

ディーラーローンはディーラーが仲介となって業務提携をしている信販会社と購入者が組む自動車ローンを事務手続きを行うシステムです。したがって購入者にとっては自動車ローンに関わる面倒な手続きの殆どをディラー側で行ってくれるありがたいシステムなのですが、そこにはちょっとしたからくりがあります。通常自動車を購入する時にはローンを利用するのが当たり前ですので、一度でもディーラーで自動車購入の交渉を行った人はディーラーがごくごく当たり前の様にディーラーローンを組もうとするのを経験した事があると思います。

自動車購入にあたってはディーラーローンを組むというのが世間一般でも常識ですからディーラーのスキームとしてローンが組み込まれていても不思議は無いのですが、もっと好条件のローンを組もうと思って交渉していたら何だか言い出すタイミングを逸してしまい、中にはそのままディーラーローンを組んでしまった人もいるのではないかと思います。実はディーラーと提携している信販会社の間ではローン成約になるとディーラーに成約手数料などの名目で総額の数パーセントをキックバックするシステムがあります。いわゆる紹介料のようなものですね。

会員制のショッピングサイトに知人を紹介してその人が会員になると紹介者に買い物に利用できるポイントが還元されるのと同じ様なイメージでしょうか。このような事が通例として行われているため、ディーラーも面倒なローン手続きの殆どを行ってくれるのです。こうした金額は車体の販売価格に上乗せする事は出来ませんので、金利に上乗せされる形で計上されます。

したがってディーラーローンは面倒な手続きを自前で行う必要がないため非常に便利で簡単なローンですが、金利が他の金融機関で組むローンよりも高めに設定されているのです。この金利の高さがディーラーローンのデメリットと言えるでしょう。しかし、キャンペーンなどで低金利ローンを展開する時期がありますので、そういったタイミングを見計らえば簡単だし、審査基準も甘めなローンを組む事が可能です。