車ローンまめ知識

残価設定型ローンとは?

残価設定型ローンとは最近注目を集めている車ローンの一つです。人気の原因は月々の返済額が非常に少なくて済むという点なのですが、ちょっとした落とし穴もあるので注意が必要です。まずメリットして、残価設定型ローンとは自動車を3年から5年で買い替える人にはとても有利なローンとなります。

その理由が新車購入時にあらかじめ3年から5年後のメーカーでの下取り価格を設定して、その金額を新車価格から差し引いたものを実際の車体価格として販売し、その金額に対してローンを設定する形式となるからです。しかし(ここからはデメリット)実際にはローンが完済したと思っても下取りが既に設定されているため、その時にどうするかの選択に迫られる訳です。

つまり、、、せっかくローンの支払いを済ませたと思っても実際は「残価=下取り価格」分の支払いを済ませないと自分の愛車にはならないというオチがつきます。イメージとしてはマイカー購入というよりリースを組んでいると考えた方が分かりやすいかもしれません。そこであくまでもその車を気に入って自分の物にしたい場合には最後に残価分をまとめて支払う必要がある訳です。

それ以外の選択肢としては残価で車を下取りに出して新車を買う、あるいはメーカーに車を返すという手はずになるのです。この章の最初に残価設定型ローンが3年から5年で新車に買い替える人にとっては有利なローンになると言ったのはこうした理由からです。メーカーを変えたい場合も今まで乗っていたメーカーに返すという必要性が出てきますね。ただし、買い替え前提の人なら、購入時の車体価格をかなり圧縮出来るため金利を含めた月々の返済金額は通常の車ローンよりもかなり有利となります。