その他

中古車購入時、ここに注意!

近年、長引く不況と環境に配慮したハイブリットカーがブームになった事が重なった影響なのか、中古車市場が活気を見せています。そこで、ガソリン車からハイブリットカーや電気自動車への買い替えを検討している人もいるかもしれません。しかし新車で買い替えが厳しい人には中古車での買い替えも候補に上がっている事と思います。

幸いな事に中古市場が活況を見せているおかげで中古のハイブリットカーも随分入手しやすくなっているようです。しかし中古車を購入する時にはいくつかの注意点があります。まずは名義です。もし、その中古車の名義が銀行や信販会社などの金融機関になっている場合、前持ち主が自動車ローンの遅延や返済不能な状態に陥ったために中古市場に出てきた可能性があります。

それで自分が所有する時に前所有者の残債を引き継ぐような事は無いハズですが、心情的にあまりいい気分ではありませんね。中古車の場合、車体価格を安くしたいために敢えて事故車を選ぶ人もいますが、金融トラブルとなるとそれは車両価格の査定対象にはなりませんので、もしかしたら車体価格の方は高めに設定されているかもしれません。(中古車の場合、売値を決めるのは業者なので査定基準が各社一定ではありません)

また、これは自動車ローンとは直接関係が無い事ですが、自賠責保険の名義変更に関する事は必ず中古車販売業者に確認しておきましょう。もし、万が一名義変更前に事故を起こしてしまった場合、損害賠償請求の面で非常にややこしい話しとなってしまいます。こうした面倒な手続きも業者の方で代行していて購入時にはスムーズに手続きが進むところを選ぶということも大切なことです。事務処理のきちんとしている業者の場合、自動車ローンの申込に関しても新車のディーラーローン並みにすんなり行く可能性が高いと言えるからです。