その他

ローン返済途中で車を買い替えたら

今乗っている自動車ローンを長期で組んでしまって買い替えたくなるという事は良くある事です。しかし、ローンの途中で買い替える事は可能なのでしょうか?また可能だとしても今支払っているローンの残債や新しくローンを組んだ場合に多重債務にならないだろうか?という心配はついて回りますね。

このようなケースを解決するには、いくつかのパターンが存在します。まず、JAバンクやろうきんでローンを組んでいる場合はその自動車ローンは無担保ローンという事になります。したがって自動車の登記をする時の所有者は購入者という事になっています。自分の持ちものであれば売買は自由ですので、今の自動車を処分するか下取りに出すかして新車のローンを組む事は可能です。

しかし、この時車体の所有権を手放してもローンは残りますので注意しましょう。最も堅実なのは残ったローンを一括返済してそれから新車のローンを組む事です。そうすれば多重債務となる事もありません。一方、銀行や信販会社の自動車ローンを組んでいる場合、ローンの返済が終わるまでその車の所有者は融資をしている銀行や信販会社という事になります。つまり、あなたは自動車の所有権を担保にして自動車ローンを組んでいるという事になります。

こうなるとあなたの自由意志で勝手に自動車を売買する事は出来ません。一旦金融機関に申し出てローンの残債を一括返済した後に所有権を自分名義に移してから今まで乗ってきた自動車の処分を決める事になります。この場合は今まで返済してきた自動車ローンの残債は嫌でも一括返済する事になるので安心して次の新車のためのローンを組めますね。ここで注意しておきたい事があります。

こうした担保型のローンというのはあくまでも目的が明確な専用のローンであるという事です。これが使用目的は原則自由であるフリーローンの場合、無担保となりますのでJAバンクやろうきんと同様の扱いとなります。いずれにしても多重債務を避けたい場合は今支払っているローンの残債を一括で返済する必要が有るという事には変わりありません。