車ローンについて

適正返済金額設定について

車ローンを借りる場合、融資側にとって最も懸念される事は融資先に返済能力があるかどうかです。したがって他社借入や金融トラブルは少ないにこした事はありませんが、中には組んでいる事で審査上プラスに働くものもあります。その一つが住宅ローンです。住宅ローンを組んでいるという事はそれだけ社会的な信用も高く、遅延などの問題が生じていない場合一定額以上の収入があると判断されるのです。

したがって審査時には住宅ローンを他社借入には含めないケースが多く見られます。しかし、借りる側は住宅ローンに加えて車のローンを払って行くのが実際なので、自分自身の年収に見合った適正返済金額と返済期間を設定する事が非常に重要になってきます。また車の場合、買い替えも視野に入れてローン返済回数を考慮する必要があります。

それでは実際に年収に占めるローン全体の返済金額の割合はどの程度が適正なのかを説明して行きましょう。一般的に金融の世界では年収に占めるローンの返済額は25%以内が妥当とされています。それを超える場合には何かしらの担保や融資額の圧縮が行われるのが普通ですので、まずは自分自身の年収を知った上でローンの返済金額上限を25%までと決めましょう。

ここまでは審査が厳しいとされている銀行でもローンの実行が見込める数字となります。また、これら貸し手側が判断する数字はあくまでもモデルケースで、今の一般家庭では夫婦に子供二人という核家族が想定されています。家族構成によっても子供が少なければ25%を多少超えても返済は十分可能ということになりますね。そこは金融機関との交渉の材料にはなりますが、銀行系は貸し渋るものだと思ってよいので、無理なく25%以上支払う事が可能だと自分で判断出来た場合には頭金で揃える様にしましょう。そうする事で融資金額も減りますし返済プランも楽に立てる事が出来ます。満額ローンで揃えるというよりも頭金を準備出来る人の方が貸し手も信用しやすいという訳です。