車ローンについて

ディラーローンとは?

ディーラーローンとは自動車の販売店が設定している車ローンの事です。購入者は新車購入と同時にローンの申込が出来、審査も簡易化されているので必要書類が少なくてすむというユーザビリティの高さが最大のメリットです。未成年の場合でも親が保証人になれば借入する事が出来る仕組みになっています。またローンにかかる面倒な手続きはディーラーが行ってくれるので利用者の最も多い車ローンです。

しかし、ディーラーローンの仕組みはディーラーが提携している信販会社と結ぶ事によって契約が成立すると、信販会社からディーラーに紹介手数料のような名目で支払いされる分があります。この名目分が上乗せされ、その分の負担は購入者が行う事になります。もちろんこの名目を車体価格に上乗せして車ローンを設定するなんて事は出来ません。ですからその分金利が高めに設定されていると言う訳ですね。

銀行系やJA、ろうきんなどでくむ車ローンに比べてディーラーローンの金利が高めに設定されている理由がここにあります。ここがディーラーローンを利用するかどうかを決める一つの大きな判断材料になりますね。ディーラーローンは一定の収入がある成人で過去にデフォルト(不履行)などのトラブルを抱えていない購入者であれば比較的審査も甘めですし、申込書類に関してもディーラー担当者の言う通りに必要事項を最低限記入して行けばよいので手続きも非常に簡単です。

さらに頭金があれば借入と収入のバランスが見合っていない場合でも、ローンをその場で組む事が出来る可能性もあります。また新商品発売やモーターショーのような大きなイベントのタイミング、あるいはボーナス時期には低金利ローンキャンペーンなどを行う場合もあるのでタイミングが合えば手続き面でも支払い総額の面でもかなり有利なローンを組む事が出来ると言えるでしょう。