車ローンについて

車ローンについて

自動車は1台につき最低でも100万円はかかってしまう高額な買い物です。したがって自動車を購入する時は車ローンを利用するのが一般的でしょう。かつて車ローンと言えば購入時にディラーで組むローンが一般的でした。しかし、今では金融緩和策の施行によって様々な金融商品を消費者が選べる時代になってきたのです。

銀行や信販系の金融機関ではフリーローンで上限を500万円かそれ以上まで設定できる金融商品が出されています。これらのローンは使用目的が自由なのであらかじめ車を買う事が決まっているなら、こうしたローンを組んで、車そのものはキャッシュで購入する事も出来ます。またディーラーローン以外で一般的なのがJA(農業協同組合)やろうきん(労働金庫)などの公的機関や非営利目的の金融機関が運営するマイカーローンやオートローンを組むというのも人気のある車ローンですね。

車は高額な買い物ですので、ローンを組む際の金利と支払い回数の設定が最も重要な要素となります。支払い回数が長くなれば金利が低めでも支払い総額は増えますし、逆の事も言えます。ただし短い回数に設定した場合、1回の支払い金額負担が増えるため家計に与えるダメージも深刻になってしまいますので、出来るだけ無理が無くかつ支払い総額を抑えられる様な賢い車ローンを設定してマイカーライフを楽しみましょう。

また車のような高額商品を購入する時は頭金があるほうがローンを組むにしても後々の支払いを軽減するためにも楽になります。ですからマイカー購入に向けて貯蓄はしておきましょう。