金利について

保証人と連帯保証人

自動車ローンに限らず高額のローンを組む場合、他社からの借入金があるなどの理由で場合によっては担保や保証人、若しくは連帯保証人が必要になるケースもあります。良く耳にする言葉ではありますが、保証人と連帯保証人の違いは一体どこにあるのでしょう?

よくある誤解が保証人=家族、連帯保証人=血縁の無い人というイメージですが、法律上では血縁者で無ければ保証人になれないという縛りは存在しません。保証人と連帯保証人の最も大きな違いは債務に対する返済責任の重さという事になります。じつは保証人よりも連帯保証人の方が返済義務が重くなるのです。

例えば知人のAさんが滞納を繰り返しついには返済不能の状態になったとしましょう。この時あなたがAさんの保証人の場合には債権者に対して「まずはAさんの差し押さえ可能な財産を差し押さえて下さい」と主張が出来ます。

また保証人が複数人いた場合、その保証人の頭数で借金を割った金額分を返済すれば良いということになります。ところがあなたがAさんの連帯保証人であった場合、こうした主張や頭数で割った金額を返済するといった事が出来なくなります。

つまり、債務者の負債は連帯保証人がその全ての返済義務を負う事になるのです。このように返済責任に関しては連帯保証人の方が遥かに重いということになります。怖いですね。当然の事ながら債権者は保証人よりも連帯保証人を立てる事を強く要求してきます。あなた自身が安易に誰かの連帯保証人にならない事はもちろんですが、連帯保証人を立てろと要求された場合のローンは一度考え直した方が良いと思います。