金利について

金利優遇とは?

皆さんは金利優遇という言葉を聞いた事があるでしょうか?住宅ローンなどの超高額な買い物をローンで購入する時に時々登場してくる言葉です。言葉そのものは難しいものではありませんが、イメージしにくい言葉ですね。金利優遇とはある一定の条件を満たす購入者に対して店頭金利よりも低い金利で貸し付けるバーゲンプライスローンの事です。

自動車ローンでは低金利キャンペーンという名目で触れる事が多いのではないでしょうか。こうした低金利キャンペーンはディーラーローンだとしばしば見かけますが、ネットバンキングなどでもフリーローンやカードローンに対してたまにでかでかとバナー通知をしている場合がありますので、自動車の購入直前まではネットの比較サイトなどをこまめにチェックしておくと良いでしょう。

しかし、この金利優遇にもいくつかのパターンがあります。大別すると「全期間優遇金利」「当初期間優遇金利」「超長期固定金利」の3つに分けられます。「全期間優遇金利」は完済までの全期間で低金利で優遇され、「当初期間優遇金利」とは最初の数年間分の金利が低くなる措置、「超長期固定金利」とは10年以上の超長期ローンに適用される優遇措置です。どのタイプの金利優遇になるかはその時々あるいは金融機関によって違いが生じるため返済プランでしっかりと確認しておく必要があります。

一般的に専用の自動車ローンに関しては超長期固定金利が設定される事はまずないでしょう。そうなると全期間優遇金利と当初期間優遇金利のどちらかが良いかと言えば、数年で乗り換えるのか、廃車になるまで乗り続けるのかによっても違いが生じてきます。またキャンペーン時はどちらかを消費者が選ぶようなものでは無いため成約時にしっかりと確認をしておくことをおススメします。